ふるさと納税の新しいルール、高額返礼はダメ

ふるさと納税のイメージイラスト

ふるさと納税とは

自分の好きな自治体に寄付をして、手続きするとその寄付額から2000円を引いた金額が所得税や住民税から還付、控除される仕組みです(控除上限額以内で)。寄付金の使い道を指定できて、自治体から返礼品が送られて来るというお得な制度です。

手続きとは

「確定申告」か、「ワンストップ特例制度」の申請が必要です。

ワンストップ特例制度とは

年間の寄付した自治体が5自治体までなら、確定申告しなくても控除される制度です。

申請書を寄付した自治体に送ればいいのです。申請書は、寄付するときに送付してもらうようにするか、後から改めて自治体に送付してもらうかします。

注意:確定申告が必要な人(自営業、医療費控除を受けたい人)はワンストップ特例制度はできません。

新しいルールとその理由は

返礼品が高額なものだった一部の自治体があって、国から改善するように再三注意されていたにも関わらず改善しなかったので、ついに国はふるさと納税のルールを変えました。

返礼品は、地元の産業のもの、商品券などはダメ、返礼品の価格は寄付金額の3割以内、このルールに違反した自治体は、ふるさと納税の指定自治体からはずすことになりました。

この新しいルールは、2019年6月1日から適用されます。

注意しましょう

注意したいのは、指定自治体からはずされた自治体に寄付してしまった場合は、純粋な寄付とみなされ税金の控除はありません。

くれぐれも気をつけたいですね。

最後に

新しいルールになっても、ふるさと納税はかなりお得なしくみです。ふるさと納税が出来るサイトがいくつもありますので、一度ご覧になってみてください。

「ふるさと納税」で検索すると色々出てきますよ。