梅雨の楽しみ方

アジサイのイラスト

梅雨(つゆ、ばいう)とは、日本を含めた東アジアを中心に発生する特有の気象現象で、6月頃の長雨の時期を言います。梅雨の時期が来ることを「梅雨入り」、終わることを「梅雨明け」と呼んでいます。梅雨明け宣言が発表されると、本格的な夏となります。

2019年の梅雨の傾向は?

梅雨の期間は概ね平年並みと予想されています。また、雨量についても平年並みだろうということです。雨のピークは7月上旬〜中旬で、梅雨前線が本州付近に停滞しやすく、さらに暖かく湿った空気の流れ込みにより梅雨前線の活動が活発になるため、大雨に注意が必要です。

梅雨ならではの楽しみ

梅雨の時期は湿気でじめじめして、なんだか気分までじめじめしがちですが、梅雨ならではの楽しみ方もあります。アジサイです。

アジサイの色について

アジサイの色は、土が酸性なら青、アルカリ性なら赤、と言われています。でもそれはいろいろな要因のうちの1つにすぎません。

土のアルミニウムイオン量、開花からの日数などにもよって、色が変化します。咲き始めは青かったのに、咲き終わりになると赤っぽくなったりと、刻々と変化して目を楽しませてくれます。

アジサイの花言葉

色が変化することから、日本では「移り気」ですが、フランスでは「忍耐強い愛情」「元気な女性」です。国が変われば花言葉も変わるのですね。

アジサイの起源

アジサイは日本から世界中に広まった園芸植物です。日本にもともと自生していたガクアジサイが、その大元の品種です。これが海外で改良され鮮やかになったものが、普段目にするアジサイなのです。

アジサイの性質

アジサイはたくさんの水を吸収する植物です。強い日当たりは苦手で、日当たりのあまり良くない、土に充分水をふくんだ場所が好きです。晴れた日よりも曇りや小雨が好みのようです。

最後に

じめじめしがちな梅雨ですが、アジサイなどを見に出かけるのもいいですね。アジサイの名所は日本各地にあります。近隣のアジサイスポットを探してみてはいかがでしょうか。

お中元におすすめ