ロコモにならないために歩こう

ウオーキングする人のイラスト

私はどうやらロコモのようです。

ロコモとはロコモティブシンドローム(運動器症候群)のことで、「立つ」、「歩く」といった移動機能が低下している状態のことです。放っておくと将来、自立できなくなり、要支援、要介護になります。

そうならないためには日頃から運動をしなくてはいけません。いきなり長時間とか大きな運動をするのではなく、できる範囲で少しずつ毎日続けることが大切です。

昔は登山をしていましたが、腰と膝を痛めて登山は引退しました。腰と膝が痛いため運動は出来ず、家にこもる生活になりました。それが長年経過してロコモになってしまったようです。生活習慣病もあります。

今から何とかしないと大変です。幸い腰と膝は今は痛くないので、痛めないように気をつけながら簡単な運動をしようと思います。

今日は日頃お世話になっているクリニックが主催の「正しい歩き方講座」に参加してきました。内容はウォーキングをする前にやっておくべき運動とロコモについてでした。体が固いまま歩くと腰や膝を痛めてしまうそうです。そのための簡単なストレッチも教わりました。また、シューズは大切だそうで、自分の足にフィットするクッション性の高いものが良いそうです。歩き方は気にせず自由でいいそうです。ただし足を出す時かかとから着地するようにとのことです。あまり細かいことは言わず、とにかく続きやすいことが重要だそうです。

今は梅雨時ですが、雨の日は外でウォーキング出来ませんが、大きなショッピングモールの中なら歩けます。上の階まで歩けばかなりの距離も歩けます。お買い物のついでにぐるぐる歩いて、お買い物をして帰ればちょうどいいですね。交通費は多少かかりますが、楽しみながら歩けそうです。