2000年前の古代ハスが咲き始めています

大賀ハスの写真

大賀ハスが咲き始めています。大賀ハスとは2000年前の古代のハスで、1951年に千葉県千葉市で発掘された遺跡の中からその実が発見され、植物学者でハスの権威の大賀一郎さんによって発芽に成功し花が咲くまで育てられました。現在までその命は継がれています。

大賀ハスの咲く千葉公園ではまだ花は咲き始めで、たくさんのつぼみの中にポツリポツリと大きな花を咲かせています。驚くほど巨大な花です。

大賀ハスの特徴は、早朝に花が開き昼頃には閉じてしまうことです。なので鑑賞するには午前中の早い時間がオススメ。ぜひ早起きして見に行ってみてはいかがでしょう。

大賀ハスの写真
大賀ハスの咲く池の写真